Freeの64bit版Fortranのセットアップ方法(2)

続きです。

ダウンロードした”tdm64-gcc-4.7.1-3.exe”をダブルクリックして、インストールしてください。インストール方法は、表示される指示に従えば簡単だと思いますので、特に注意点はありません。デフォルトでは、C:\MinGW64にインストルールされます。

インストールが完了しましたら、gcc-4.7.1-tdm64-1-openmp.zip、gcc-4.7.1-tdm64-1-fortran.zipを解凍して、それぞれc:\mingw64のディレクトリに解凍されたファイルをコピーしてください。これで、インストール完了です。

使用方法は、[スタート]-[すべてのプログラム]-[MinGW64]にある”MinGW Command Prompt”ショートカットを使って、コマンドプロンプトを起動させてください。MinGWの環境変数を読み込んで起動します。

テストとして、
>gfortran -v
と入力してリターンキーを押すと、下記のような表示が出ます。

Using built-in specs.
COLLECT_GCC=gfortran
COLLECT_LTO_WRAPPER=c:/mingw64/bin/../libexec/gcc/x86_64-w64-mingw32/4.7.1/lto-w
rapper.exe
Target: x86_64-w64-mingw32
Configured with: ../../src/gcc-4.7.1/configure –build=x86_64-w64-mingw32 –enab
le-targets=all –enable-languages=c,c++,fortran,objc,obj-c++ –enable-libgomp —
enable-lto –enable-libstdcxx-debug –enable-version-specific-runtime-libs –ena
ble-fully-dynamic-string –with-gnu-ld –disable-werror –disable-nls –disable-
win32-registry –prefix=/mingw64tdm –with-local-prefix=/mingw64tdm –with-pkgve
rsion=tdm64-1 –with-bugurl=http://tdm-gcc.tdragon.net/bugs
Thread model: win32
gcc version 4.7.1 (tdm64-1)

次に、LAPACKのインストール方法について説明します。