鹿野中学校の紹介






こんな学校もある!

学校の特色






1、鹿野<城跡の中に学校がある。外堀と内堀にかこまれた敷地に学校が建っている。校庭は、二の丸跡。花にかこまれ、鳥にかこまれ、昆虫にかこまれ、田畑、山に囲まれている。自然環境抜群。

2、入学式・卒業式には町長以下全町議会議員、全教育委員、各小学校長と各担任、 銀行・郵便局・JAの支店長さん駐在さんまできていただける。全町あげて祝福。

3、幼稚園児、小学生が中学校の敷地内を通って朝晩通学する。
年齢に関係なく仲が良い。

4、給食を全校一斉にランチルーム(松桜閣)で食べる。
和気あいあいのムード。

5、便所のスリッパは次の人がはきやすいように、いつもそろっている。

6、誰にでも明るい挨拶ができる。

7、朝来た生徒から、誰かれなくほうきをもって前庭のはき掃除をしている。

8、遅刻はない。朝早くから登校してくる。学校に来たらなかなか帰りたがらない。
したがって下校時刻は守れないところに難がある。

9、生徒の名前と顔が全部わかっている。「○○君」で全員と話が出きる。

10、運動会・文化祭など行事のほとんどは生徒会中心で切り盛りされる。
運動会・文化祭当日教員はほとんど表に顔を出さない。生徒がどんどん進行して行く。

11、自主自立を合い言葉に生徒は日々生活している。

12、ノーチャイムは当たり前。

13、まずどこの学校もやっていないだろうが、テストは監督なし(生徒と教師との信頼関係から成り立っている。)人に見られていなくても、やるべきことはきちんとやる。

14、全ての活動の基本は「小集団(班)活動」。

15、班ごとに町内の各場所に出向いての、全校奉仕活動。

おまけ:以前は購買無人化などというものもやっていました。農村の野菜の無人市みたいなもの。



最初のページに戻る。