化学研究室のM2(修士2回生)を紹介します


福本 悟さん

兵庫県明石市の小学校の先生

私と同じ、小和田研究室で「ゾルーゲル法による機能性薄膜」の研究をされている。教育についてだけでなく、様々なことに精通されている知識人。特に鉄道についての知識はオタクと呼ぶにふさわしい。私は普段「理科教育の師」として敬っている。

北下 弘之さん

大阪府堺市の中学校の先生

尾関研究室で「中和滴定」について研究されていて、自動制御の中和滴定装置を開発された。化学M2のメンバーの首領的存在。優しく穏やかな方だが、実は「生指」(生徒指導)の鬼という噂も。テニスとスノボー、こぶ斜面をこよなく愛するスポーツマン。

田中 優至さん

兵庫県尼崎市の高校の先生

尾関研究室で「尼崎市の酸性雨について」や「酸性雨の化学的性質」について研究されている。毎週、雨のサンプルを回収し夜遅くまで測定されており、研究室滞在時間はM2 NO.1。また、今年から自炊に目覚め、お茶室で様々な料理に挑戦されている。「マメ」さもM2 NO.1という評判も

柏木 雅也くん

兵教大のストレートマスター

木原研究室で高木先生のご指導のもと「有機溶媒中リパーゼ不斉アシル化反応におけるクラウン化合物の添加効果」について研究されている。M2唯一の独身で、その甘いマスクと優しさで、女子学部生のあこがれの存在。辺見えみりそっくりの可愛い彼女とのデートの時間と実験の時間を調整しながらがんばる姿は、充実度100%といった感じです。ちなみにM2 NO.1の甘党。


めにゅうにもどる