ひらがな主義について

ひらがな主義とは漢字やカタカナなど日本語表示を難しくしている表示方法をひらがなのみにし、異言語圏からの導入をやさしくしようとする日本語進歩主義の考えを持っている集団。
日本語は漢字、カタカナ、ひらがな、英文字の混在する難しい言語である。
難しいがゆえ外国人が日本語を学ぶとき大きなハードルとなっている。
”文字とはいったいなんだろう。”
この素朴な疑問に答えを見つけようと考えるとき、はたして漢字はその本来の役割以上に付加価値がついていることに驚かされる。これは必要なのだろうか。 私は、以前自分で作ったとても合理的な表音文字を利用して日記を書いていたが、慣れば記述の速度は現在の日本語を遥かに上回った。
要するに "simple is best" である。 日本語のひらがなはハングル文字にも劣らない立派な表音文字であることを認識してほしい。
日本語をひらがな表記にしよう。
現在提唱者(本人は教祖と名乗っている)いまいひろとである。


戻る